オンラインカジノと法律のあれこれ

インターネットカジノ(インカジ)

オンラインカジノと酷似しているインカジノと言うのが存在します。
繁華街に行くとキャッチが声を掛けられた経験が有る方も居ると思いますが、彼等は紹介料を生活の糧にしているので、対象者の要望に応えられるよう色々な業種、人脈と繋がりを持ち紹介先の開拓をしています。
中にはボッタくりバーの客引き等も混在していますので注意が必要ですが、勿論良心的な店の客引きも居ますのでその辺の見極めは個人責任になります。

インカジの紹介をするキャッチも存在しています。彼らの説明では、「捕まる事は無い違法性が全くないインカジである」との説明しますが、博打資金を国内店舗で払い勝利金を払い戻した時点で日本は賭博開帳図利罪が成立します。
刑法第186条2項では、3月以上5年以下の懲役刑を定めてます。
これは、現代の博打場の繁栄を考えると、法律が今の時代に追いついていないのです。
この法律は、国民が博打にめり込み勤労意欲がなくなると国家の損失であるとの趣旨から出来ていますが、博徒の取り締まりをする事が第一目標の法律と解釈も出来ます。

新しいギャンブル オンラインカジノ
 
オンラインカジノの仕組みは海外で設立され運営をしているカジノ業者サイトに、個人の所有しているパソコン等でアクセスしてカジノゲームをプレーしています。
日本でプレー出来るオンラインカジノは数えられないほど存在していますが、何処のカジノ業者も日本国内にサーバー、事務所を構えていません。

万が一、日本国内に事務所を設置してしまうと国内で博打を受けていたと判断され摘発対象になります。
実際摘発を受けた業者が存在していますが、その業者は海外にサーバーを設置し海外に有る送金サービスで金銭の授受をしてましたが、経営者が日本に居住していた為に摘発されました。
業者が国内に拠点を構えていたものの、プレーヤーがサイトを見ても判らず登録しプレーをされていた様で、プレーヤーの摘発ありませんでした。

本来オンラインカジノは国外で運営されています。
送金サービスも海外のサービスを使い、博打資金をカジノに送金させています。
更に勝利金も当然日本国内で処理される事無く、海外からの送金です。

日本国内で我々が行っている行為は、海外のサーバーに対し博打行為の指示を国内で出しているにすぎません。
その博打を受けている者は国内に存在しない環境です。
法律で「国内にて博打行為を受ける者と、博打行為をする者、両者同時に存在している」事実があり、内定調査をされその行為を確認して警察が動ける仕組みです。
日本国内で運営者が存在していないオンラインカジノは摘発要件に合致していません。
白であるとは言い切れませんが、かなり薄いグレーです。

過去に上記で上げた事例以外にも逮捕されたプレーヤーが存在します。
しかしこれまでだれ一人として賭博罪に問われる事なく現在に至っています。

事件後、別のオンラインカジノ運営社からコメントが出されています。その一部を抜粋します。
「到底許される事では無いので、万が一自社で同様の行為が行われた場合、あらゆる手段を使って日本の司法と対峙する構えで有る。」
との趣旨の文章でした。

今後、逮捕されてしまった時、一刻も早く釈放されたくて罪を認め罰金刑を受け入れてしまうのは避け、裁判をすることがベストチョイスです。
前例を重視する日本の裁判は、法律が改正されていない現状では不起訴確率が高く勝てる可能性が十分有ります。

ランドカジノが出来ても大丈夫?

カジノ法案可決により、オンラインカジノは日本から撤収するかどうか気になっている方も居られるかと思います。

オンラインカジノは今と変わらずプレー可能です。
法案、その他の賭博関連法律で特にオンラインカジノを規制する案は提出されていません。

日本カジノ法案で入場規制や入場料の徴収等が盛り込まれています。
ランドカジノは、どうやら気軽に行ける場所ではなさそうです。
しかし、オンラインカジノなら気軽にいつでもプレー出来、入場料徴収も有りません。

ランドカジノとオンラインカジノは似ていますが、オンラインカジノの方が、海外のランドカジノと比較してみるとテーブルゲームでの下限は庶民的な金額設定です。
日本に出来るランドカジノも、オンラインカジノの設定額よりも高い設定にされ庶民のお遊びというより、中堅以上の方をターゲットに運営をされるのではと推測できます。

オンラインカジノは勝利金が確実に戻ってくるのか?

オンラインカジノは無店舗営業の為、相手が見えません。
出金が間違いなく行われるか、不正をしていないか等、健全経営をしているカジノを選ぶのは大変です。
サイトで紹介されているオンラインカジノは基本的それらをクリアしている所です。
紹介されているカジノから選んでプレーをする事を初心者にはおすすめします。

リスクをなるべく低くする方法

過去に突然夜逃げをしてしまったカジノとして、お台場カジノが挙げられます。
お台場カジノは最初の頃、勝てば勝利金の配当を当然していました。
しかしながら運営資金が潤沢に無かったようで、徐々に支払いに遅延が生じ、突然連絡しても返信が来ず、夜逃げ同然でサイトをクローズされてしまいました。

これこそ無店舗のリスクです。
この様なオンラインカジノは現在確認されていませんが、無数に有るオンラインカジノで同様の事案が起きないとは言い切れません。
その対策としてプレーをしたら極力サイト内にポイントを残さず清算をして置くことにより、サイトが突然閉鎖する事態になった場合、最小限のダメージで済む事が出来ます。

しかし、日本撤収が決定しても直ぐにサイトをクローズする事は稀で、通常告知をプレーヤーし引き出しを促してくれます。
過去にサイトで紹介され夜逃げをした悪質カジノはごく少数です。
さほど気にする必要はありませんが、登録する判断は個人責任で行ってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。