オンラインカジノが違法となる遊び方

摘発が頻発しているインカジ

自宅で海外のオンラインカジノにアクセスしてギャンブルを楽しむオンラインカジノとは違い、「インカジ」の摘発が相次いでいます。

インカジとは、カジノカフェのことをいいます。
首都圏の歓楽街を中心にひっそりと営業されていて、オンラインカジノを店内で提供しているのが特徴です。
お店の中で、金銭のやり取りが行われており、客にバカラやポーカーなどのギャンブルをさせて、現金をその場で払い戻しています。
カジノ開設者と折半する形で、利益を得ているものと考えられています。

オンラインカジノとインカジは混同されがちですが全く異なるものです。
法律のグレーゾーンであるオンラインカジノとは違い、インカジは、違法性が高く、賭博罪になってしまいます。
実際に摘発者も頻発していて、インカジの摘発は後をたちません。

そこで、インカジの詳しい事情について見ていきましょう。

国内で賭博が成立してしまうインカジの存在

インカジは、海外のオンラインカジノを利用している存在なのですが、同じオンラインカジノでも全く別物になります。

インカジの場合、国内で精算が成立しているということになり、賭博の場を提供しているという形になります。
反面オンラインカジノの場合、海外に業者があり、海外の決済会社によって精算が行われています。
これを賭博罪にすることはとても難しいのですが、インカジの場合は店内で金銭のやり取りが行われており、更には賭博の場所を提供していることから、国内で賭博罪が成立してしまうことになります。

私達個人のプレイヤーが自宅からオンラインカジノを楽しむだけなら、これを違法と断ずることや摘発はとても難しいです。
自宅であってもリスクは0ではありませんが、インカジの場合には確実に違法となりますので、その場にいるだけで逮捕されてしまうリスクがあります。

オンラインカジノの場合には、賭博の場所が海外にあることから、胴元とプレイヤーのどちらもを取り締まることが難しく、見逃されている部分があります。
しかし、インカジの場合は、賭博の場所が国内にあり、仲介をしているとはいえ、店の経営者が存在していて、精算をしています。
このため、罪に問うことが出来、賭博罪という形で摘発されています。

インカジのデメリットとは

インカジは、このように摘発されてしまうリスクが非常に高く、違法なので訪れてはいけません。
逮捕されてしまうリスクが非常に高いインカジですが、その他にもさまざまなデメリットがあります。

まず、インカジは暴力団の資金源になっているとも噂されています。
これまでは野放しにされてきましたが、2006年にインカジが摘発された事件があってから、その実態が解明されるようになりました。
店とサイトのつながりに関してはまだ解明をしている最中になりますが、違法に営業をされているということから、さまざまなトラブルに巻き込まれしまう危険性を秘めています。

さまざまな黒い人間が出入りしているということもあり、一般のプレイヤーが足を踏み入れるのはあまりにも危険です。

不正やイカサマがやり放題のインカジ

オンラインカジノの場合、合法的に政府に認められていて、ライセンスが発行されています。
また、外部の監査機関によって定期的にチェックを受けています。
従って、不正やイカサマがあれば、それらはすぐに公表されてしまいますし、ライセンスが剥奪されてしまうことになります。
このため、一定の安全性が確立されています。

しかし、インカジにはこのような外部のチェックは存在せず、店側の基準によるやりたい放題で営業しているということになります。
収益の一部を折半しているという噂もありますので、プレイヤーが負ければ、その分経営者側の利益が増える可能性も高いです。
従って不正がイカサマが横行していると言っても過言ではないでしょう。

不正やイカサマをしてもお咎め無しの状態ですので、ペイアウト率がきちんと守られている可能性は低いです。
従って、プレイヤーがインカジでギャンブルをしたとしても、勝てる可能性は極めて低いです。
オンラインカジノで遊ぶことを考えるなら、個人で自宅から遊ぶことをおすすめします。

違法ではないと説明されることも

インカジについては、違法な存在ということもあり、看板もなく雑居ビルなどでひっそりと営業されていることも多いです。
キャッチなどについていくことで、インカジに案内されるケースが増えているのですが、この際に「違法ではない」と説明を受けて賭博をさせるケースが多いようです。

オンラインカジノとは違い、インカジは完全に違法です。
同じような事案で摘発される方が頻発していますので、決して足を踏み入れてはいけません。
過去の判決からしても、経営をしていたインカジの経営者については常習賭博罪という判決が出ています。

さらに、1億円以上もの追徴課税をとられることになりました。
違法ではないと説明をされても、このような違法なインカジには訪れないように気をつけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。