オンラインカジノを取り巻く様々な問題

インカジとは?逮捕の危険性がある?

インカジとは?逮捕の危険性がある?

今話題となっている「インカジ」は、全国で摘発が頻発しています。
インカジとは、カジノカフェのことで、ネットカフェのようなお店の店内で、パソコンの端末からオンラインカジノに繋ぎ、実際にギャンブルが出来るというお店になります。
インカジは、もちろん逮捕の対象となり全国的に摘発が相次いでいます。

インカジは、暴力団の資金源ともされており、オンラインカジノとは異なっているものです。

オンラインカジノとインカジは何が違う?

オンラインカジノとインカジは、異なるものとなっています。
オンラインカジノが提供されているインカジですが、フィリピンのオンラインカジノなどを端末から楽しめるので、同じものだと思いがちです。

しかし、インカジは、これらのオンラインカジノを無断でお店で出来るようにしていて、そして金銭の精算や支払いなどをお店で行っています。
この為、胴元が日本国内にあるという理由から摘発の対象となっているのです。
また、インカジの場合、サイト側と儲けを折半していたりと、日常的に賭博で収益を上げていたり、不正行為を行っているのも特徴です。

こういった面で、オンラインカジノを自宅でプレイするのとは全く異なっています。

インカジの問題点とは?

インカジは、このように店で賭博を行っているため、賭博罪が成立してしまいます。

オンラインカジノでもカジノのゲームをプレイをする事も出来ますが、オンラインカジノの場合海外のオンラインカジノにアクセスすることになりますので、旅先でカジノを楽しんでも問題がないように、日本の法律だけで裁くことは出来ません。
しかし、インカジの場合は胴元が国内にありますので、胴元もプレイヤーも同時に逮捕の対象となります。
賭博罪に問われ、見つかり次第即逮捕の可能性も高いので、十分注意しなければなりません。

インカジの問題点とは?

また、インカジは日頃から不正やイカサマがたくさん行われているともいわれています。
オンラインカジノは、プログラムの不正がないように第三者機関からの監査を受けて、公平性が保たれていますが、お店側がこれを不正に遠隔操作することが出来てしまいますので、不正はやりたい放題となっています。

オンラインカジノは問題ない?

そこで、自宅でプレイをするオンラインカジノは、必ず問題がないのかというと実はそうでもありません。
オンラインカジノは、日本でも合法とも違法ともいえないグレーゾーンとして位置づけられており、摘発されてしまった例もありますので、気をつける必要はあるのです。

オンラインカジノは借金返済の手段になるのか?

ペイアウト率の高さがオンラインカジノの大きなメリットといわれています。
払い戻し率を表すペイアウトが高いことで、奇妙な錯覚に陥っていませんでしょうか?オンラインカジノは「れっきとしたギャンブル」ですから、負けることも十分にあり得ます。間違っても「借金返済の手段」などと考えてはいけません。

インターネットの情報は正しいのか?

インターネットの情報は正しいのか?

オンラインカジノ関連の情報がインターネット上にあふれています。なかには、オンラインカジノが必ず儲かると表現しているものがあるのです。
たしかに、他のギャンブルと比較した場合に、勝ちやすい部分はあるでしょう。
しかし、賭けごとに絶対はありません。情報商材の宣伝文句に踊らされてはいけないのです。ご理解いただけますでしょうか?

 

オンラインカジノサイトのお試しフリープレイについて

ここで、カジノサイトに用意されているフリープレイを紹介しましょう。
これは、実際にお金を賭けることの無い、練習用に用意されたモードです。

オンラインカジノを初めてプレイされる場合に、多くの方がフリープレイを試されたのではないでしょうか?
ここで問題視されるのは、フリープレイと本番」にゲーム勝率の違いがあるということです。フリープレイで連勝したことが忘れられず、ギャンブルの深みにはまってはいけません。

ギャンブル依存症の恐怖について

現在、大きな社会的問題としてギャンブル依存症が存在します。
日本人におけるギャンブル依存症は成人で「5%超」とする報告があります。諸外国と比較して突出した数値であり、看過できない社会的問題とされているのです。
もちろん、オンラインカジノによるものは1%未満であることに間違いないのですが、いずれにせよ意識しなければなりません。
ギャンブル依存症は家庭崩壊の引き金となってしまいます。さらに、資金が破綻してしまいますから、苦しい生活を強いられるのです。
この問題を放置すると、さらなる犯罪に手を染めかねません。

オンラインカジノを心から楽しむために、ギャンブル依存症の問題を常に意識しましょう。危険性を感じたならば、プレイを自重できるぐらいの余裕をもってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。